本番行為を勧めてくるようなメンズエステは大手の中でも怪しい方の部類に入る

性風俗店は本番行為を行ってはならず、本番行為を約束していたならば、管理売春をしたとして店側は摘発されます。しかし風俗嬢の中には本番を行う人がいるのは周知のこと。お金をとっているか否かは別にして、「ないことではない」わけです。夫が特定の風俗嬢と長年にわたって「店で」本番行為を重ねていたとします。

妻がそれを知るところとなり、腸が煮えくり返るような思いをしたとしましょう。その時に妻が「何が出来るのか」を考えてみましょう。本番を店が約束していない限り、そのそこで働く女性と客である「夫」とのやりとりになります。まず店を訴えることは出来ません。

そこで「不貞行為に当たるのではないか」ということを考えます。風俗店に通いつめるということは、夫の妻に対する不貞行為には当たります。不貞行為には「セックス」だけでなく「セックスの類似行為」も含まれます。このような店は「類似行為によって性的な満足を提供する」のが生業なのですから、その点は明らかです。

夫に対する離婚理由にはなりますし、離婚しないままに慰謝料も請求できます。しかし接客した女性に対して訴えを起こすことは出来ません。では「本番がないはずの店で本番行為を継続して行っていた」となれば、話は少々違います。店が店として提供するサービスを著しく逸脱していますので、個人と個人の関わり合いになります。

「自由恋愛」とも受け取ることが出来ますので、一般的な不倫と変わらないものとなってしまいます。それが「客としてつなぎとめておくための手段」であったとしてもです。実際に恋愛感情があるか否かは関係がありません。その風俗嬢を妻が訴える事は、可能といえば可能になるのです。

もし店を離れてから本番行為を行っていたのであれば、更に現実味を帯びてきます。とはいえ、一般女性が行った場合に比べ、容認額はたいそう低くなります。弁護士に依頼して時間を裂いて訴える価値があるのか、その部分との天秤となるでしょう。

風俗嬢を訴えるということは、実に難しいのです。「不誠実な夫」を訴えるほうがずっと容易ですし、容認額も期待できます。とは言え離婚しないのであれば、同じ財布からお金が移動するだけの話。現実的ではありませんよね。妻が出来ることというのは、離婚して闘う以外、あまりないのです。

ソープランドの場合には、常識的に「本番がある」と考えられていますので、店を離れたお付き合いをしている以外は、訴えることが出来る可能性は皆無です。